The marketing for niche restaurants
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • ビジネスモデル

ビジネスモデル

中国麺料理市場誕生か。中国西安のビャンビャン麺

中国麺料理市場誕生か。ビャンビャン麺のお店「泰唐記(しんとうき)」。ストーリーが成長ツールです。

老舗飲食店が革新的なメニューを世に問う

1.飲食店はニッチな新メニューの提案が鍵  ネットで調べた限りですが、明治以前に創業した飲食店が東京でも32店あります。生存競争の厳しい飲食業界です。老舗飲食店はどのように生き残ったのか。そして、これからどのように成長し …

ニッチな飲食店の成長モデルについて考えてみました。

ニッチな飲食店の成長モデルについてのページを作成しました。詳しくはサイト内をご覧ください。 ニッチだから成長しない。そんなことはないと思います。 以下の4つのケースで考えました。・同業者が同じ地域に集まるケース。・独自メ …

夢のビジネス、ニッチな飲食店「ハラール・ラーメン」

 ラーメンを4店連続して食べるとは、「チャーハン巡礼記」(2018年2月のブログ)以来の快挙です。今回はハラール・ラーメンです。ハラールはハラルともいいますが、ここではハラールと表記します。 1.まずはイスラム教に関する …

大成長の期待!ビーガンハンバーガーのレストラン

 ビーガンハンバーガーは、将来大きく成長する可能性があるビジネスだと思います。気候変動という社会課題を解決するひとつの手段だからです。ビーガンハンバーガーショップはニッチな飲食店ビジネスの成長モデルではないかと思います。 …

「顔があっていいじゃないか」。最中のお味噌汁も売っています。MISOGEN(みそげん)

1.ほっとする味噌汁のランチ 味噌汁の専門のレストラン「MISOGEN(みそげん)」。野菜いっぱいのあたたかいお味噌汁にごはん、お漬物などがついたランチいをただきました。昨日の夜、みんなでワインぐびぐび、お肉たっぷりもり …

さすが!スタートアップ大国のお店。イスラエル料理「タイーム」

1.綿密な計算で成功した2店舗展開  イスラエル料理店「Ta-im(タイーム)」。ニッチなカテゴリーですが、恵比寿と丸の内で2店舗を展開。どちらも人気店です。ランチに伺いましたがどちらも満席。食レポのブログではありません …

ひとり集積効果モデルのニッチな飲食店「離島キッチン」

 ちょっと何言ってるか分からないなんて言わないでください。とても気になるお店です。 1.離島という言葉のもつもの  離島という言葉がいい。島ではなく「離島」。遠く離れていて、何かありそうな隔絶された世界と少しの寂寥感。そ …

高田馬場のミャンマー料理店、ドミナント型出店で大人気。

1.ミャンマー料理店でランチ 高田馬場のミャンマー料理店が今人気です。 インストアマーケティング専門の先輩とランチに行ってきました。 駅近くの「ミンガラバー」さん。 カレー味のチキン、やわらかくなるまで煮込んであり、 お …

リトルヤンゴン

ややゃ、そこにアキがあったんだ。ポジショニングでみるコメダ珈琲店

1.コメダ珈琲店=ファミレス×高級コーヒー コメダ珈琲店。大人気です。 どうしてなのかを考えるために、 甘いものフリークの同僚と新木場のお店に伺いました。 休日の午後だったのでほぼ満席でした。 でも、とても落ち着いた雰囲 …

コメダ珈琲店のシロノワール
1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.