The marketing for niche restaurants
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • ニッチな飲食店

ニッチな飲食店

ニッチな飲食店さまにお知らせ。撮影サービス充実しました。

 ニッチな飲食店のみなさま。コロナ禍で厳しい状況かと思います。いまは感染対策、大切ですね。しかし、このときにこそ次のステップへの準備も重要です。  新メニューの開発やメニューのブラッシュアップなどはいかがでしょうか。当室 …

黒く甘く熱い「カフェーパウリスタ」のマーケティング戦略に学ぶ

 銀ブラ発祥のお店「カフェーパウリスタ」をご存じでしょうか。現存する日本最古の喫茶店です。いまもお店は銀座8丁目にあります。日本にコーヒーが定着したのは「カフェーパウリスタ」のマーケティング戦略が成功したからと考えます。 …

2021年はじまりました

あけましておめでとうございます。「新しいこと」を目指して、ころがりながら走ります。 みなさまの2021年が、想像した以上に素晴らしく楽しい年になりますように。

ニッチな飲食店。「これは効いた」の13の作戦

 12月。当企画室も一年の総括です。ここまでで効果があったと思う作戦の報告をします。お手伝いをしているお店からの経験です。ニッチな飲食店です。なのでニッチな経験からのお話しです。「違うな」かもしれません。細かい事情は省略 …

酔ったいきおいですか。ついに山梨は「ワイン県」

 私のふるさと山梨県、どうやらハラをくくったようです。「ワイン県」宣言をしました。副知事にワインソムリエの田崎真也さんを任命。これからワイン県として名を高めていくようです。ポジショニング戦略です。うまくいくのでしょうか。 …

「これはアリだ!」。昆虫レストランでコオロギラーメンをすすりながら叫んだ

1.洗練された昆虫食ラーメン  アリ(蟻)ではありません。昆虫飲食店のビジネスは「有りだ」という意味です。 「ANTCICADA(以下、アントシカダ)」さん。今年6月に都内の馬喰町にできた昆虫食レストラン。店内はお客さま …

未来のシェフはピカソかバンクシーか。食事はやがてアートになる(はず)

 (はず)って気弱。断言したいのですが、山梨県の田舎生まれでいつもモジモジタイプ。でも心のなかでは「ゼッタイ」と思っています。歴史を振り返ってみると同じようなことが起きているからです。  絵画の世界です。19世紀まで絵画 …

幸福度、世界62位。いいじゃないですか。幸福ビジネスのチャンスだから

 幸福になりたくて!平河町の中華料理屋「幸福園」さんにいきました。なじみのお店ではありません。「幸福」を検索して決めました。名前は重要です。お店のコンセプトが決まるからです(以前のブログもご参考ください)。 たっぷりのレ …

ニッチな飲食店の勝利の第1法則:名前

 成功の1丁目1番地はお店の名前です。ニッチな飲食店は小さく、か弱いお店です。勝ち抜くための第1番はお店の名前です。 1.お店の名前が大切な理由 (1)理解:なんのお店かがわかる名前  ニッチであるのなら、どんな飲食店か …

「しょぼい喫茶店」のしょぼいどころじゃないマーケティング

 書評です。『しょぼい喫茶店の本』(池田達也、百万年書房)についてです。  これが「しょぼく」ないんです。大学は卒業したが一生懸命には働きたくない若者。わかるなぁ。その著者が自力で「しょぼい喫茶店」をはじめる話です。   …

1 2 3 6 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP