The marketing for niche restaurants
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • ニッチな飲食店

ニッチな飲食店

高田馬場のミャンマー料理店、ドミナント型出店で大人気。

1.ミャンマー料理店でランチ 高田馬場のミャンマー料理店が今人気です。 インストアマーケティング専門の先輩とランチに行ってきました。 駅近くの「ミンガラバー」さん。 カレー味のチキン、やわらかくなるまで煮込んであり、 お …

リトルヤンゴン

ややゃ、そこにアキがあったんだ。ポジショニングでみるコメダ珈琲店

1.コメダ珈琲店=ファミレス×高級コーヒー コメダ珈琲店。大人気です。 どうしてなのかを考えるために、 甘いものフリークの同僚と新木場のお店に伺いました。 休日の午後だったのでほぼ満席でした。 でも、とても落ち着いた雰囲 …

コメダ珈琲店のシロノワール

ニッチ飲食店の新ビジネスモデル、単品野菜専門店

1.はじめに  山梨県の、しかもちょっと山あいの町から出て来た私。自然薯や長芋が大好きです。先日、近所にある山芋専門料理店に伺いました。その名も「山芋の多い料理店」。わかりやすい。覚えやすい。良いネーミングだと思います。 …

居酒屋さん1,500円のランチを出しましょう。

はじめに 仕事で神楽坂3丁目周辺の26店舗のランチ価格を調査しました。場所は坂下と坂上のちょうど真ん中あたり。さすが神楽坂ですね。飲食店のレベルが高いです。面白いことがたくさんわかったので、あらためてまとめてみました。私 …

新カテゴリーのレストラン。鹿屋アスリート食堂

 丸の内国際ビルにある「鹿屋アスリート食堂」。マーケティング業界の先輩から紹介されました。スポーツする人や健康意識の高い人のためのレストランです。 1.自社の強みは高度なスポーツ知識  「鹿屋アスリート食堂」は(株)バル …

インド料理店、和テイストで新カテゴリーに

 日頃はニッチな飲食店を一生懸命に探しているのにたまにカレーの魅力に負けます。神楽坂のインドカレーのお店「想いの木」にランチに伺いました。かなりの人気店です。インド料理店には新しいカテゴリーが生まれつつあるようです。 1 …

「ベタベタ」ツールに泣ける!チュニジア料理店

1.4階のお店は来店客数が53%減る  4階のお店の場合、立地指数は47%。立地指数とは、1階のお店に入るお客さまに対して、他のフロアのお店に入るお客さまの比率をさします。つまり、4階のお店では、1階にあるお店より来店す …

チャーハンの神を訪ねて「チャーハン巡礼記」

チャーハンとは何か、チャーハンは私にとって何なのか、チャーハンに神は宿るのか、チャーハンの未来は…さまざまな思いを胸に、今日もチャーハンを求め街中をさまよう。チャーハン巡礼記…。  映画タイトル風にはじめてみました(笑) …

純文学と純喫茶は不純なのか?

 純文学も純喫茶もその名に反して、やや不純で猥雑なイメージがあると私の友人が言っています。純文学はわかりませんが、確かに私が子供のころの昭和時代には「喫茶店に行くやつは不良だ」と言われていました(笑)。 1.神保町の喫茶 …

2度驚いた!ブータン料理店

代々木上原のブータン料理店ガテモタブンさんのレポートです

« 1 2 3
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.