The marketing for niche restaurants
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 新カテゴリー

新カテゴリー

黒く甘く熱い「カフェーパウリスタ」のマーケティング戦略に学ぶ

 銀ブラ発祥のお店「カフェーパウリスタ」をご存じでしょうか。現存する日本最古の喫茶店です。いまもお店は銀座8丁目にあります。日本にコーヒーが定着したのは「カフェーパウリスタ」のマーケティング戦略が成功したからと考えます。 …

「これはアリだ!」。昆虫レストランでコオロギラーメンをすすりながら叫んだ

1.洗練された昆虫食ラーメン  アリ(蟻)ではありません。昆虫飲食店のビジネスは「有りだ」という意味です。 「ANTCICADA(以下、アントシカダ)」さん。今年6月に都内の馬喰町にできた昆虫食レストラン。店内はお客さま …

未来のシェフはピカソかバンクシーか。食事はやがてアートになる(はず)

 (はず)って気弱。断言したいのですが、山梨県の田舎生まれでいつもモジモジタイプ。でも心のなかでは「ゼッタイ」と思っています。歴史を振り返ってみると同じようなことが起きているからです。  絵画の世界です。19世紀まで絵画 …

幸福度、世界62位。いいじゃないですか。幸福ビジネスのチャンスだから

 幸福になりたくて!平河町の中華料理屋「幸福園」さんにいきました。なじみのお店ではありません。「幸福」を検索して決めました。名前は重要です。お店のコンセプトが決まるからです(以前のブログもご参考ください)。 たっぷりのレ …

健康食品があるのに「健康飲食店」がない。あぁ、もったいない

1.健康食品の市場は2兆円以上  正確には2.4兆円以上です。大きな市場です。コロナ禍ですが業界が不調とは聞いていません。健康食品メーカーは頑張ってこの市場をつくりあげました。健康市場はこれからも成長します。しかし、「健 …

そろそろ「ソロレス」というカテゴリーができてもいい

 ファミレスという言葉があります。ファミリーのためのレストランですね。最近「おひとりさま」も増えてきています。そろそろソロメシの専用レストラン、「ソロレス」というカテゴリーができてもいいのではなでしょうか。 1.ひとり化 …

中国麺料理市場誕生か。中国西安のビャンビャン麺

中国麺料理市場誕生か。ビャンビャン麺のお店「泰唐記(しんとうき)」。ストーリーが成長ツールです。

高田馬場のミャンマー料理店、ドミナント型出店で大人気。

1.ミャンマー料理店でランチ 高田馬場のミャンマー料理店が今人気です。 インストアマーケティング専門の先輩とランチに行ってきました。 駅近くの「ミンガラバー」さん。 カレー味のチキン、やわらかくなるまで煮込んであり、 お …

リトルヤンゴン

ややゃ、そこにアキがあったんだ。ポジショニングでみるコメダ珈琲店

1.コメダ珈琲店=ファミレス×高級コーヒー コメダ珈琲店。大人気です。 どうしてなのかを考えるために、 甘いものフリークの同僚と新木場のお店に伺いました。 休日の午後だったのでほぼ満席でした。 でも、とても落ち着いた雰囲 …

コメダ珈琲店のシロノワール

イタリアンじゃないよ。オリーブオイルダイニングだよ

 飯田橋駅から5分のおしゃれなレストラン「ラ・カンティーナ・カンチェーミ」さん。女性もいっぱい。イタリア人らしい人も来ていて、名物のピッツアパンを「オカワリクダサイ」なんて言ってます。ここはお店以外にも、複数のデパ地下で …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP